出会い系でのセフレ化失敗談

「帰りたく無い…てか帰れない」これはチャンス!どうする俺!?

更新日:

メッセージ受信一件

ある日、緊迫していた仕事をなんとか上手く終われる事が出来て、久々のリラックスタイム。暇つぶしに、携帯のアプリで出会い系のメッセージを書き込んでいたのを思い出しました。しばらく見ていなかったので、メッセージは何も届いていないか、或いは今更返事してもノーリアクションで終わるか。そんな気持ちでアプリを開いて見たところ、メッセージボックスに1通のメッセージが入っているじゃありませんか。

K子から返信が

メッセージの主は20代のOLをしているというK子からのものでした。もう既に誰か相手を見つけてしまっていて、今更メッセージを返しても無視されるだけ・・・そんな思いが半分、それでも、もしかしたら返事が来るかもという期待半分で返信をしました。すると、約半日後くらいでしょうか、メッセージボックスに新着のマークが!見るとK子からのものでした。

電話でのやりとりをスタート

それから何度かメッセージのやり取りを重ね、3日ほど経った晩にK子の方から「声を聞いてみたい」とのお誘いが。それでも、そこはやはり出会い系、K子は警戒心もあり私の連絡先を教えて欲しいとの事でした。私は携帯電話を複数台所有していましたし、その中にはIP電話のみで使用しているものもありましたから仕事に影響のない、この電話番号をK子に伝えました。

当サイトでも何度か繰り返していますが、早い段階での電話でのやりとりはかなり有効です。

もし相手が変な人なら話し方でわかりますし、相手もこちらの話し方で会っていい人かどうかを判断できます。早い段階で緊張感を解いて親密になりたければ電話をしましょう。

電話して疎遠になるのであれば自身の人間性に問題があるのでトークスキルと話し方を改善する目安になります。逆に電話がうまくいくのであれば確実に会えますし、よっぽど不細工でない限り合えばセックスできます。

すぐに携帯に着信があり、私は初めてK子の生声を聞きました。ちょっと低めでハスキーな、でもセクシーな声でした。私が想像(妄想)していたよりもずっと大人びた女性の声でした。埼玉県の実家住まいである事、工場の事務職である事、自動車通勤をしている事などプライベートな話で盛り上がりました。何より、K子の勤務先の周辺は私の会社でも取引のある工場が多く地元話で盛り上がれたのです。これにはK子もだいぶ心を開いていたようでした。

急な家でからのSOS

それからは毎晩のように直電を重ね、そのような日々が1週間程度続いたある週末の金曜日、泣きながら電話を掛けてきたK子。聞くと、母親と家で揉めて家出をしたと言うじゃありませんか。しかも昼間の仕事にも行かずに、明るい時間から池袋を彷徨っているとの事。こんなに急に会えるシチュエーションが来るなんて!しかも家出したなんて、心が絶対寂しいに決まっている。

早速K子には「何があったのか何でも話を聞くから、取り敢えず夕飯を一緒に食べよう」と誘いました。二つ返事でOKをもらい、私は山手線に乗って池袋までK子に会いに行きました。

トレーナーGパンの田舎の女の子

ドンキホーテの前で待ち合わせし、サンシャイン通りで夕食をしました。K子は母親と昔から折り合いが悪かった事、仕事も上手く行っていない事など親身に話を聞きました。いかにも垢抜けていない、田舎の女性という感じのK子は白いトレーナーにGパンというセクシーさのかけらも無い外見でした。小柄で中肉中背ではあるものの、しっかりくびれたウエストとDカップはあると思われる豊満な胸はそのダサい服装でも良く判るほどでした。

帰れない

食事も終わり、気分を紛らわす為にカラオケに行き・・・すると時間は0時を既に回っており、K子が自宅まで帰れる電車はもうありません。「今日はどうする?」唐突に聞いて見る私「帰りたく無い・・・てか帰れない」と恥じらいながら答えるK子

もちろん私が自宅まで帰り車を出せば埼玉までは1時間半くらいで帰れます。送る事も出来るのです。しかし、ここは千載一遇のチャンスです。車の事は一切言わずに・・・

「じゃ、今日は泊まってく?」私が聞くとK子は無言で私の腕をぎゅっと強く握り、小さい声で「うん」と言いました。

やった!今日はこのままイケる!

良心の呵責

そう思った刹那・・・でも、それってフェアじゃ無いよな。なんか、ヤル目的で会ったと思われるのもな・・・

そんな思いがよぎったのです。

まぁ、さっきお泊まりの意思確認は出来たし、ヤル目的じゃ無いという事もアピールして置かないと・・・という、さながら「偽善者」の如き考えが湧いてきたのでした。

「車・・・持ってるから、送って行く事も出来るけど、どうする?」

聞いてしまいました。でも、絶対K子はそれでも帰らないと言うという変な自信があったからです。

ところが・・・K子「そうね・・・確かにお母さんとは揉めたけど、心配しているかも知れないし、じゃ、送って下さい」

えっ
ええっ
ええ〜〜〜っ

一瞬にして私が「メッシー」兼「アッシー」になった瞬間でした。

それから、K子と会う機会は有りませんでした。
たった1回のチャンスをフイにしてしまった、痛い痛い失敗でした。

今回は目的を見失ってしまったケースです。女の子は自分で家出をして、自分で帰れなくなったので、すべて自己責任ですが、情が湧いてしまうといらない気遣いで足元をすくわれます。

トークは女の子の意識をそらすためのもので、女の子のために使ってはいけません。

もし罪悪感にかられて決断に迫られた場合は、セックスするために出会い系サイトを使い始めたという初心に還りましょう。

お疲れさまでした。

コメント欄で頂いた体験談は随時改善点と一緒に掲載しています

※1 コメントは公開されません
※2 1000文字以上のストーリー形式で「連絡先獲得までにかかった金額・会うまでにかかった日数・会う口実 ・会った場所・セックスをアプローチしたシチュエーション・セックスへのアプローチ内容・実際にセックスに誘った文句・使った金額」を書いてください。
ゆー

ゆー

20歳まで非リアでありながら24歳から5年間のナンパ師生活を経て、出会い系サイトが最も効率がいい事に気付き、現在は出会い系サイトでのネットナンパに明け暮れる。 出会い系攻略マインドではナンパ師時代のノウハウでネットナンパからセックスに導くノウハウを解説します。コメント欄でいただいた出会い系サイトの失敗談は随時添削して掲載しています。

-出会い系でのセフレ化失敗談

Copyright© 出会い系でセフレを作る方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.