出会い系でのセフレ化失敗談

元援助交際OLに信頼され過ぎたモテ男

更新日:

出会い系サイトを利用する際には、掲示板を利用する人が多いことは知っていました。しかし、援デリ業者を避けるために、敢えてプロフィール検索から食事デートに誘うことを中心に行っています。今回もいつも通り掲示板へ書き込みしていない20代前半のOLへ会社帰りにでも食事か飲みに行かないかと誘ってみたわけです。

最初はメッセージ交換のみで1週間様子見してから、徐々に互いの勤務先最寄り駅を把握して「そのまま帰るなら今度一緒に食事でもいかが?」と軽い誘いでジャブを行います。断られても特に気にせずに、今度は連絡頻度を下げてからもう一度「飲みに行かない?」と誘えばOKしてもらえます。

多数の女性を相手にできる賢いやり方です。一番初めの挨拶メッセージは大量に送る必要があるのでポイント消費はありますが、すぐに連絡先を交換しているので一人当たりのポイント消費は少なく、ストックを貯めやすい戦略に感心しました。

互いの勤務先から中間位置にある乗換駅で待ち合わせをして、食事しながら飲みに行きます。最初のメールから2週間かけていましたが、一般素人女性相手ならこのくらいかけても珍しくありません。終電時刻を聞いたタイミングで、「終電前にちょっと一休みしない?」と誘ってみましたが、結果は「ホテル代別3万円ならいいよ」という援助交際の申し出でした。

援助交際慣れしていた女性がOLになっていたパターンを拾ってしまったことに気がついたので、ホテルとは一言も言ってないことを理由に「狼じゃないよ」と当たり障りの無い断り方をして駅まで送って行きました。実際に使った金額が、出会い系サイト内で3,000円と飲食代8,000円だったので大した負担ではありせんでした。

相手女性はお酒がだいぶ入っていたので、翌日になってから昨日何か変なこと言わなかったかと聞かれたので、「ホテル代別3万円で誘われたよ。援助交際予定は無いからビックリして駅まで送っていっただけ。」と答えたら、なぜか相手女性に謝られてしまいました。

そこから昔援助交際で遊んでいたという話題で本音を話してくれるようになったわけですが、再度セックスへ誘うかどうかは交友関係が怪しすぎて私の方から避けたい気分になっています。

無駄のない誘いや深追いしない姿勢など、全体的に計算された最善の動きをしていて非常に賢い方だと感じました。多くの人が犯す間違いに、セックスできそうな人に全力投球にして、その人を逃したばかりにまた最初から狩りを始めるというものがありますが、この方のように一人を深追いしないことでセックスできる複数の女性を効率よく確保できるようになります。

この女性が深酒したのはあなたになら抱かれても良いと思えたからです。更に、過去に援助交際をしていたことを話してくれたのは心の距離が近くなり、信頼されているからに他なりません。

気を付けるべきは本気になられてストーカー化されないことで、出会い系を使っている時点で交友関係に期待できないのはわかっているので、とりあえずセフレにしてしまいましょう。

コメント欄で頂いた体験談は随時改善点と一緒に掲載しています

※1 コメントは公開されません
※2 1000文字以上のストーリー形式で「連絡先獲得までにかかった金額・会うまでにかかった日数・会う口実 ・会った場所・セックスをアプローチしたシチュエーション・セックスへのアプローチ内容・実際にセックスに誘った文句・使った金額」を書いてください。
ゆー

ゆー

20歳まで非リアでありながら24歳から5年間のナンパ師生活を経て、出会い系サイトが最も効率がいい事に気付き、現在は出会い系サイトでのネットナンパに明け暮れる。 出会い系攻略マインドではナンパ師時代のノウハウでネットナンパからセックスに導くノウハウを解説します。コメント欄でいただいた出会い系サイトの失敗談は随時添削して掲載しています。

-出会い系でのセフレ化失敗談

Copyright© 出会い系でセフレを作る方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.