出会い系失敗談添削

出会い系サイトで写真と全然違う中国人が来た結果...ヤバすぎ

投稿日:

彼女と別れて友人おすすめのPCMAXに登録

当時、私は彼女と別れたばかりで飢えていました。そう、性的にかなり貪欲になっていたのでセックスできれば誰でもいいや!の精神で生まれて初めて出会い系サイトに登録してみました。無料のサイトは基本的に冷やかしが多い聞いていたので、出会い系キングの異名を取る友人に紹介してもらってPCMAXに入会してみました。

友人がそのサイトを使って実際に女性と会えていたことと本当に会えるなら有料サイトの方が信頼できるだろうとわけのわからない信念もあり、PCMAXの門を叩いた次第です。

タイプの27歳にメッセージ

様々な女性の掲示板を閲覧し、同じ東京登録で年齢は自分より若い女性…とはいえあまり若すぎると話題にも困ると判断したので27歳の朋美(仮名)さんにしました。決め手は載せている顔写真がモロに自分のタイプだったことと趣味が同じだったからです。

女の子らしい返信

自分も写真を付けて当たり障りのないメッセージを送信、するとその1時間後に返信が来ました。初めからあまりグイグイ来られると「サクラかな?」と不審がってしまう私ですが、朋美さんは好感触。絵文字も満載でいかにも女の子らしいメールで一気に夢中になりました。

出会い系サイトをしばらく使っているとわかるようになりますが、女の子らしい返信は地雷の可能性が高いです。

女の子は毎日死ぬほどメールを受信しています。男性からのメールにテンションは上がりません。サクラではない女の子からの返信は顔文字も絵文字も少なく、短文になる傾向です。

テンション高めのメールが来た場合はサクラだと判断して切りましょう。

「セックスしませんか?」にOK

朋美さんには遠距離恋愛をしている彼氏がいるようで、この半年会えてなくて寂しいとのこと。そこで変に長々と婉曲な誘いをするよりストレートにいってみようと「セックスしませんか?」と切り出してみると二つ返事でOK、そこからLINEに切り替えて待ち合わせの日時も3日後の土曜日、18時半に恵比寿駅ということに決まりました。

トントン拍子に全てが進んだわけです。お互いがセックスという目的で会うのですから、会ってからどうなるかを想像して私の股間は毎日のように張り裂けんばかり怒張していたのを覚えています。お恥ずかしい話ですが…。

恵比寿駅近くのカフェで待ち合わせ

当日、待ち合わせ時間の30分前に恵比寿駅に着いた私は近くのカフェでまったりしながら合流後の脳内シミュレーションをしておりました。もう頭の中はセックスのことで一杯で、周囲からみたらただの不審者でした。

「着きましたよ」

そして待つこと20分、ついに「着きましたよ」とLINEが!審判の時!頭の中では映画ターミネーターのテーマソングがエンドレスに流れ、心の高まりは最高潮です。こんなに出会い系サイトって素敵なものなのか!と。

改札口でキョロキョロとしているとそこに背後から「〇〇〇(←自分の名前)さんですか?」人の声が。「はい!朋美ちゃんですか?」と恐る恐る振り向いてみたら…「え?誰?」私は目を疑いました。

写真と全く違うブス

目の前にいたのはそれまで写真で何度も見ていた朋美さんとは似ても似つかないおブスな女性(すみません)。しかも日本語カタコトで何を言っているかよく聞き取れない状態でした。呆然としている私をよそにその女性は「ワタシハトモミデス。キョウハヨロシクオネガイシマス。キョウイキタイホテルハ…」と意気込みを語り出しました。

「ノーサンキュー!」

私は何が何だかわからず、「ノーサンキュー!ノーサンキュー!」と言いながら足早にその場を去ったのです。その女性が途中まで追いかけて来ているのがわかりましたが、なりふり構わずダッシュで逃げ切りました。

その後、LINE通話をしてみても繋がらず、ずっと既読にもならなかったので朋美さんにはブロックされたのでしょう。、本当に朋美という女性がいたのかさえ今となっては謎ですが。一体あの女性は何だったのか…?サイトでよく聞くサクラ?でもサクラって写真の女性とは全く違っているとはいえ、本物の女性を用意して会わせるでしょうか?ましてや日本語もカタコトの(おそらく)中国人に。

サクラに騙されたと言っても、実際に女性と会えたわけですから純粋に騙されたとは言えないような気もしていますが、セックスができなかったのは事実なのでその後自宅に戻り自家発電してふて寝しました。

出会い系サイトを主戦場にしている違法ヘルスは多数あります。出会い系はサクラが多いイメージがありますが、実際は違法風俗で、メッセージはすべて男性がやりとりしており、女の子はアポが決まった段階で派遣されます。

特に中国人は日本の風俗店では働けないので、出会い系サイトで管理売春していることが多いです。今回のケースも女の子とホテルにいけばお金を要求されていたはずです。

アポまでに使った金額は3,000円

実際使った金額はトータルで3000円もいかなかったはずです。「こんなもので美人と会ってセックスできるの?ラッキー!」と当初は思っていましたが今思えば相手のことをよく知らない内にセックスを切り出したのは大いなる失敗でした。

最終的に帰結する点は同じだとしてもそこは慎重にすべきでしたね。もしまた出会い系サイトを使う機会がありましたら今回のことを教訓にして同じ轍を踏まないようにしたいです。それにしてもあの中国人は何者だったんでしょう…

可能であれば写真は何枚かもらって実物と相違がないか確認したいところですが、写真を何枚も要求すると警戒されるので、今回のように一度会ってみてだめならその場でわかれる、というのは効率のいいやり方です。

今後も失敗はあるかと思いますが、成功につながる失敗なのでこの調子で頑張りましょう。お疲れさまでした。

コメント欄で頂いた体験談は随時改善点と一緒に掲載しています

※1 コメントは公開されません
※2 1000文字以上のストーリー形式で「連絡先獲得までにかかった金額・会うまでにかかった日数・会う口実 ・会った場所・セックスをアプローチしたシチュエーション・セックスへのアプローチ内容・実際にセックスに誘った文句・使った金額」を書いてください。
ゆー

ゆー

20歳まで非リアでありながら24歳から5年間のナンパ師生活を経て、出会い系サイトが最も効率がいい事に気付き、現在は出会い系サイトでのネットナンパに明け暮れる。 出会い系攻略マインドではナンパ師時代のノウハウでネットナンパからセックスに導くノウハウを解説します。コメント欄でいただいた出会い系サイトの失敗談は随時添削して掲載しています。

-出会い系失敗談添削

Copyright© 出会い系でセフレを作る方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.