出会い系でのセフレ化失敗談

カフェから連れ出した人妻を強引に押し倒した結果

更新日:

31歳人妻とのコンタクト

38歳。会社員。仕事だけに明け暮れて、出会いも何もない生活が続いていました。あまりにエッチがご無沙汰だったので耐えきれず、出会い系サイトでそんなエッチな出会いを探そうと思ったのです。相手はすぐに見つかりました。31歳の人妻です。人妻のくせにこんな出会い系サイトをやっているなんて、絶対にエッチ目的に違いないと勝手に思い込んでいました。ですので初めから実際に会う前提で、進めていきました。それがダメだったのか、ちょっと引かれてしまいましたね。人妻は実際に会うよりはどちらかというと、日々の口とか相談とか、メールで色々と話したくて、出会い系サイトをしていたのです。

これはあまりに攻めては音信不通になると思い、じわじわと攻めることにしました。だからポイントは結構使いましたね。一回5ポイント、1ポイント10円なので、多分全部で3,000円くらいはメッセージのやり取りに使ったと思います。それくらい会話を交わして、やっとLINEの交換に至りました。

個々人の温度感によりますが、一人に3,000円は使い過ぎです。この相手はうまくいったのでよかったですが、LINEを教えてくれないとすべてが無駄になります。4往復以内にLINEを交換できない相手は回避することがおすすめです。

アポ打診

そこからも長かったですね。たまに「会いたいな」なんてメッセージを送っても「いつか会えたらいいね」なんてかわされました。もう会う気なんてないのかな?諦めようかな?と思ったくらいです。そんな感じで1ヶ月ほどメールのやり取りを続けて、ついに実際に会うことになったのです。

もちろんエッチしたいけど、そんなことは仄めかしていません。カフェとかしながら、楽しく話そうよと誘いました。人妻は見た目普通なんだけど、その普通さが逆にエロく感じましたね。こんな人妻とヤッたら、どんな風に喘ぐんだろうと妄想すると、より興奮しました。人妻とはカフェの中で待ち合わせし、メールでやっていたような他愛ない話をしていました。

ホテル連れ出しの口実

このまま話していても本当にカフェして終わってしまうと思った私は、「ゴメン、ヤバイ。知っている人がいる」なんて嘘をついて、店を出ました。人妻も少しヤバイと思って、手を引く私についてきました。そしてそのまま近くのホテルまで手を引っ張っていったのです。「え…ちょっと」人妻はさすがにそれは…みたいな顔をしていましたが、私は手を重ねて言いました。「ゴメン。せっかく会えて楽しいのに、もっと話したいから、中入ろう。変なことはしないから」

セックスアプローチ

若い頃に使ったようなセリフを吐いて、半ば強引に人妻をホテルの中に引きずり込みました。このまま強引にいけばいけるか?なんて考えながら部屋に入りました。さすがに人妻は身を硬くして、ベッドには座らず、部屋の椅子に座っていました。「ゴメンね。嫌だった?」「ううん。大丈夫」とか言いながらも、顔は硬いままです。「こっち、おいでよ」ベッドに腰掛けて、私は言いました。

来ないと思ったけど、人妻はベッドの上に来ました。これはいけるか?私の興奮がさらに高まりました。そっと肩を抱きます。「抱きたいな。かわいいし。ダメ?」もう直接的に言ってやりました。人妻もまるで関心がないわけではなかったようで、何も言わず固まります。私は人妻をベッドの上に押し倒しました。人妻に股がります。

ここが惜しいです。抱きたいとアプローチするのが早すぎました。というより、抱きたいと口に出す必要はありません。相手をその気にさせれば何も言わなくても受け入れます。せっかく人妻が隣まで来たのなら手を握って大きさを比べたり肩を揉んだりしてイチャイチャできます。その流れで正面に移動してキスで視界を塞いでいる間に胸と下を触りましょう。人妻の中でやりたいという意識が勝てばあとはスムーズです。

ホテルグダ

そこで人妻は顔を背けて言ってきたのです。「ごめんなさい。やっぱりダメ」私はここは強引にいくべきだと思い、聞かず、人妻の膨らむ胸に触りながら、キスをしようとしました。「ごめん、ほんとダメだから」
きつく言われ、もうセックスするような雰囲気ではなくなっていました。これでヤってしまったら襲ったことになってしまうと思い、私は諦めました。その後は気まずい雰囲気のまま、お別れしましたね。

人は一度ノーという決断を下してしまうと同じ質問にはノーになります。心理学などで一度断られると罪悪感から二度目の質問が断られにくくなるというのがありますが、それは別の質問であればの話です。同じ質問の場合はただのしつこい男になって余計に嫌われます。セックスの攻防ではまずノーという決断を下させない流れ作りが大切です。敢えてノーという決断を下させるのであれば、例えば付き合ってほしいなどのハードな質問でノーと言わせて、そのあとにそれならせめて一度だけ抱かせてほしいと罪悪感を煽りましょう。

ちょっと強引すぎたか?メッセージだけであれほどやり取りしたのだから、一度会えたからといって、すぐにヤれると思ったのが失敗だったかな?と反省しましたね。時間はかかりますが、二度、三度と会って楽しく過ごせば、最後までヤれただろうと思いました。一瞬押し倒されたベッドの上の人妻の顔は、絶対に嫌だというより、本当にセックスしてしまっていいのか?とひどく悩んでいるようでしたから。

思っていた通り、人妻から「ごめんね。勇気が持てなくて。またよかったら会いたいです。少しずつ距離を近づけれたら嬉しいです」なんてメッセージがきました。これは時間をかければヤれる!ということだと思っています。いきなりのセックスは失敗しましたが、次こそは、最終的にはこの人妻とセックスしてやると強く思っています。

人妻のほうからまた会いたいと言ってくるのであれば遅かれ早かれセックスはできます。あきらめずに連絡し続けましょう。その間も他の女の子を探すことを忘れないでください。お疲れさまでした。

コメント欄で頂いた体験談は随時改善点と一緒に掲載しています

※1 コメントは公開されません
※2 1000文字以上のストーリー形式で「連絡先獲得までにかかった金額・会うまでにかかった日数・会う口実 ・会った場所・セックスをアプローチしたシチュエーション・セックスへのアプローチ内容・実際にセックスに誘った文句・使った金額」を書いてください。
ゆー

ゆー

20歳まで非リアでありながら24歳から5年間のナンパ師生活を経て、出会い系サイトが最も効率がいい事に気付き、現在は出会い系サイトでのネットナンパに明け暮れる。 出会い系攻略マインドではナンパ師時代のノウハウでネットナンパからセックスに導くノウハウを解説します。コメント欄でいただいた出会い系サイトの失敗談は随時添削して掲載しています。

-出会い系でのセフレ化失敗談

Copyright© 出会い系でセフレを作る方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.